Google for Jobsとは、2019年1月から本格始動したGoogleの新しい求人関連サービス事業です。

日本版では「Googleしごと検索」という名称も使用されています。

この機能によって、Googleの検索欄に自分が興味のある仕事などに関連しているキーワードを入れると、検索エンジンに表示される広告と一般検索結果の間に求人情報が表示されるようになりました。

Google for Jobsで表示される求人をさらに地域や距離、投稿日、形態などからも絞り込むことが出来、求職側にとってはより求人を探しやすい環境が整ったと言ってもよいでしょう。

Google for Jobsのメリット

Google for Jobsの登場により、今まで検索に引っ掛かりにくかった求人にも、たどり着くことが可能になったといえます。

求職者が求めている採用情報の関連キーワードを検索することで、検索エンジンの上部にあらゆる求人情報が表示されます。

必ずしも検索上位の求人が出るわけではなく、これまで検索に上がってこなかった企業の求人も出るので、求職者側は見逃していた情報を探しやすくなり、採用側はより採用条件に合った人材を求めやすくなりました。

ただしいわゆる“求人情報サイト”と違い、カテゴリー検索・条件検索などができず、 Google for Jobsを表示するには検索エンジンの検索窓にて明確に検索キーワードを指定する必要が出てきます。

よってこの機能を採用側が利用するのであれば、応募求人の情報に構造化データをマークアップし、最適化することが必要になります。表示されやすい求人情報を作るためには少々コツが必要でしょう。

検索エンジンで表示を上位にするために直接お金を掛けるということは基本的にはできませんが、表示されやすい・求人応募に繋がりやすいページの制作作業に費用をかけることで効果を見込める可能性は十分にあります。

また「お金を掛けなくても」一般検索より比較的上位に表示されるため、これまで求人にお金を掛けられなかった企業にとってはチャンスとも言えます。

またGoogle for Jobsから直接応募ができるというわけではないのですが、各企業の内容詳細に、元となる情報へ直接飛べるリンクのボタンなどが設置してあるため、求職者側からすると「気になった求人があればすぐに応募できる」という気軽さがあるようです。

“即戦力”の人材は伸びるのか

即戦力になると思われる人材を中途採用で雇い入れる会社は多いでしょうが、彼らの経歴や知識に惑わされてはいけません。

確かに経歴や知識は武器になりますが、単純な知識やスキルは入社後の教育でも身に付けられるものです。

実際、新卒で入社してくる人は、入社後の教育で伸びます。

ですから中途採用における採用基準は、教育するだけでは何ともならない能力も含めるべきなのです。

中途採用の人材に求める能力

例えば、特別なスキルを有した優秀な人材を採用したとしましょう。

彼はその分野では秀でているのかもしれませんが、協調性がない人物であったりすると、そのスキルを活かす間もなく、社内で問題を起こしてしまうでしょう。

問題が生じると孤立化してしまう可能性が高く、結果的に早期退職に陥ります。それは彼にとっても、会社にとっても、不幸な結末です。

協調性もそうですが、いわゆる「人間力」が無ければ、知識やスキルを有していても会社に貢献してくれません。人間力は、入社後の教育で育てることは期待できない能力なのです。

また、人間力に加えて、新入社員には企業理念に対する理解も必要になるでしょう。企業理念に賛同していない人は、自分の能力を活かして会社に貢献しようとする意欲が沸かないからです。

逆に理念に共感している社員は、経営者や先輩社員の言動を謙虚に受け止めるはずです。謙虚な姿勢で日々頑張る社員を前にすれば、先輩社員も必死に教育してくれるでしょう。そのような好循環こそ、会社の発展の礎になるのです。

安易に経歴だけを見て中途採用に取り組むことが、どれだけ馬鹿げた行為であるのかをご理解いただけるでしょう。