Google for Jobsとは

ヘッダーGoogle for Jobsとは、2019年1月から本格始動したGoogleの新しい求人関連サービス事業です。「Googleおしごと検索」機能によって、Googleの検索欄に自分が興味のある仕事などに関連しているキーワードを入れると、検索エンジンに表示される広告と一般検索結果の間に求人情報が表示されるようになりました。
また、Google for Jobsで表示される求人をさらに地域や距離、投稿日、形態などからも絞り込むことが出来、求職側にとってはより求人を探しやすい環境が整ったと言ってもよいでしょう。明確に検索キーワードを指定する必要が出てきますが、これにより今まで検索に引っ掛かりにくかった求人にも、たどり着くことが可能になりました。「Googleおしごと検索」機能で応募ができるというわけではないのですが、各企業の内容詳細に掲載している求人媒体に直接飛べるリンクのボタンもあるので、気になった求人があればすぐに応募も可能というわけです。
自分が求めている採用情報の関連キーワードを検索することで、検索エンジンの上部にあらゆる求人情報が表示されますが、必ずしも検索上位の求人が出るわけではなく、これまで検索に上がってこなかった企業の求人も出るので、求職者側は見逃していた情報を探しやすくなり、採用側はより採用条件に合った人材を求めやすくなりました。
この機能を採用側が利用するのであれば、応募求人の情報に構造化データをマークアップし、最適化することが必要になります。検索エンジンで表示を上位にするためにお金を掛けるということは基本的にはできませんが、そのかわりに「お金を掛けなくても」一般検索より比較的上位に表示されるため、これまで求人にお金を掛けられなかった企業にとってはチャンスとも言えます。