求人広告に限らず、文章作成をライターに依頼する場合、ライター側が取材を行うことがあります。この取材なのですが、実際に会社に来訪してもらうという形をとると、その分の費用が発生するということ、またライターとその依頼企業の距離によっては、実現しないことがあります。

もちろん電話だけの取材よりも来訪してもらった方が伝えたい内容のすりあわせもしやすい面もあるのですが、仮に電話やメールでの取材だけでも問題はありません。

実際に取材をする前は、顔も合わせない電話での取材だけでも大丈夫なのだろうかと思われるでしょうが、この電話・メールでの取材は、必要に応じて何往復か行うことが多いです。

そして、電話等で会話を繰り返すうちに、制作者側が伝えたいと思う内容、追加してほしいと思った考えなどはどんどん出てくるものです。

また、ライターもそれを引き出そうと話を誘導してくれる人もいるので、想像以上に捗るので心配する必要はあまりないはずです。

ただし人によっては、メールやそのほかのメッセージツールですと会話のテンポが悪く、また文章を書いている間に自分で、この内容を依頼してもいいのか、という考えも浮かんでしまい、会話の中で新しく生まれた読者への伝えたいことの芽が知らず知らずのうちに潰えてしまうこともあります。その場合は基本は電話での意見交換や取材を行い、のちの補足としてメール等を利用することが効率的であると思われます。

【LIfey】ついに日本到来したGoogle for Jobsを掘り下げるのトップへ