文章を書くことになれてなくてもパンフレットは作れるのか?

 慣れてない人が、学生にじっくり読んでもらえるようなパンフレットの文量を書けるのかという不安を持つのは普通のことです。重要なのは、最初から完成品のような文章を書く必要はないということで、どんどん気楽に書くことです。慣れてない人が最初から完成品のような文章をたくさん書くことはかなり疲れますし、難しいです。
では、どの程度のクオリティでまず書いていくかというと、前の項目で説明した、構成、目次を決めた後、その骨組みに沿ってメモ書き程度のレベルでいいので書き進めていきます。この一回目の原稿は、他の人に読んでもらうというものではないので、どんなに雑でも自分で意味が分かる文章であれば大丈夫です。とにかく、最後まで書き終えることを目標に原稿を作ります。
 次は、一回目の原稿の中の自分にしか分からない部分や雑な部分を、他の人が見て理解できる文章にしていきます。一度、本文を書き終えているので、原稿の文章のつながりがわかりやすくなっていて、他人が理解できる文章に作り直すのは想像よりもスムーズにできるはずです。もう一度文章を作り直さなきゃいけないなら、最初から二回目の原稿のクオリティで作ろうと思う人もいると思います。文章を作成することの向き不向きは個人差が大きいので、あっさり作れてしまう人もいるかもしれませんが、最初のうちはこの方法をするのが、結局、時間的にも体力的にも良いと思われます。
 二回目の原稿が完成したら、パンフレットに載せるための完成品の原稿にする必要がありますが、この作業を行う前に、親しい人に原稿を読んでもらって、ちゃんと他人でも理解できる文章になっているのか確認することをお勧めします。自分だと理解できる文章のつながりが、他の人から見たら急に文章が飛んだように思えることがあったというのはよくある話です。
 完成品の原稿にするには、自分でやることもできますが普段の仕事もある制作者にとっては結構な負担になることもあります。その際は、ライターを雇うのも選択に入ります。