避けるべき表現例

求人広告の作成に際して、プロのライターにでもない限り、どのような誘い文句、表現を駆使すれば良いのか分からず、悩まれる方も多いでしょう。あまり刺激的な言葉を用いてリスクを負いたくないという採用担当者の方もいらっしゃるでしょうし、変わったコピーを用いて賭けてみたいと意気込む人も少なくないはずです。しかしどちらのタイプの担当者であっても、無難な表現法を勉強しておくことは必須作業と言えるでしょう。ビジネスの世界では定番の言い回しさえ知らずに文書作成することは至難の業です。ただよく見かける表現だからといって、どれを選択しても良いわけではありません。その中でもより効果的な表現というものがあります。逆に効果の低いものも存在します。例えば、「職場の雰囲気は和気あいあいとしています。」といった言い回しは多用されています。雰囲気の良い職場だとアピールしているわけですから、一見問題は無いように思われます。閲覧者にとっては安心感を得られる表現です。しかし、優秀な人材を得たいのであれば、あまり効力の望めない言い方であると認識しなければなりません。「現場が楽しい所である」という文句に惹かれたのが応募動機であるとしたら、その応募者の強い意欲は期待できないからです。例えば、将来は自立して自分の店を持ちたいと決意しているような優秀な人材は、楽しいかどうかは二の次であることが多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Web サイト