キャリアコンサルティングのAさんの悩み

 

企業内のキャリアコンサルトを営むAさんは、従業員のキャリア形成を行う支援者として、各個人の相談ごとに合わせてキャリアプランのアドバイスを行ってきました。資格の修得や部署の選択を推奨したり、時には社外へスキルアップをめざす企業内副職などを勧める事もあるそうです。企業内の事情を知り尽くしたAさんには、苦渋のアドバイスを強いられる時期もあったそうです。社の経営が傾いた時などに、事前にリストラ名簿を幹部から受けていたAさんは、相談に来る従業員に、どのようなアドバイスをすれば、良いのか悩む日々が続き、自分の役職が嫌いになってしまった時期もあったとの事でした。リストラ社員としてピックアップされている彼らに、転職をアドバイスするべきなのか、他に逃げ道を探すべきなのか自問自答は続いたそうです。時には、自身のリストラを知った従業員が心無い言葉をAさんに投げつけた時などもあったそうです。仕事を失うという事は、生活の基盤を失う事なので、気軽なアドバイスはできませんが、人の能力というものは未知数なのです。私の決めつけのアドバイスもいけません。私は、必要な情報や知識などの支援は行えますが、選択をするのは、個人の考えをもつ皆さんです。従業員の皆さんの個人的な事情を踏まえた、キャリアアップやスキルアップのお手伝いができるよう日々情報を収集しています。そういった情報から私自身も転職を考えた事があるほど、職場の悩みはつきません。職場のストレスや悩みは、まき散らす前に、まずは整理しましょう。悩みを整理する事で、たいていの職場環境の問題は、自分自身が主体的に行動する事で良い方向へ向かって行くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Web サイト