Site Loader

ナース・プラクティショナーという、より現状に基づいた看護師のポジションが実現すれば、法的拘束によって、今まで看護師がやりたくてもできなかった医療行為も必要に応じて対応できるようになり、そのメリットは医療現場の個人依存を緩和できる可能性があるように思えます。
この働き方の実現には大きく分けて課題が2つあり、一つが社会的な課題、もう一つは現場の理解と新しいポジションに応じた医療業務の分担の再編でないでしょうか。
本来、医療行為は、最低限まず医師さえいれば完結することは可能です。
つまり、看護師はあくまでも「医師を補助する役割」であることが前提とされているようです。
法律的にも、看護師の業務は、患者に対する世話や診療の補助が主と定義されているようです。
しかし医師の働き方改革を進めるには、より現代に則した業務範囲を再定義していく必要があるように思えます。
医師にしかできないこと、看護師ができること、そして看護助手がやるべきことを明確にしていけば、ナース・プラクティショナーの導入をスムーズに行えるはずです。
そしてその前提にあるのが、医師と看護師、社会でのビジョンの共有となるわけです。
再定義後にお互いがスムーズに仕事ができ、互いの業務範囲、業務量を認知し合い、相互間の引継ぎなどが円滑に行われることで、互いを尊敬し合える理想に近い職場環境を構築していきましょう。

admin