Site Loader

例えば看護師は常に、人手不足と言われています。実際に働いてみて違っていたと感じる人も多く、転職回数も他の職種よりも多いそうです。慢性的な人手不足から実際に働いている看護師の負担は大きく、更に辞める人が多い、問題があっても解決するまでの時間が割けないなどの悪循環に陥っています。特に人口の多い首都圏では人数が不足しがちになっているようです。
このような人手不足の原因として、離職率(転職率)の高さが挙げられます。人間関係や労働環境の不満から離職をし、そのまま復職をしないということも多いそうです。職場の環境が大きく関わっているようです。もうひとつの理由としては、少子高齢化の影響です。常に高齢者の数は増加しており、更に平均寿命も延びています。更に下の年代の数が少なくなってきているので、単純に需要に対して供給が追い付かない状況が続いているのです。また、2025年問題と呼ばれる「団塊の世代が75歳の後期高齢者になる年」には、更に大きな人数の不足となることが問題視されています。高齢者であれば医療が更に必要になってきているので、併せて看護師の人数の少なさも問題となっているのです。
しかし看護師自体の従業者数は、毎年増加しているそうです。それでも看護師が足りなくなってしまうのは、離職率の高さ、復職率の低さが大きく関わっているそうです。この問題を解決するために日本看護協会や厚生労働省は、看護師不足の対策を考えているようです。サポートの体制にも力を入れているようで、勤務時間を選択できるようになるシステムや、子どもの保育料の支援を行っているところもあるそうです。2025年問題を控えていますが、今後は看護師にとって働きやすい環境になっていくかもしれません。

admin